CQ出版WebShop,書籍案内へようこそ

CQ出版トップページへWebShop書籍・雑誌総合案内会員登録・変更ご利用案内

買い物カゴを見る

WebShop書籍・雑誌総合案内Tech Iシリーズ>並列 & 高速処理のためのマイコン・プログラミング

書籍・雑誌総合案内
WebShop内検索(googleで本サイトを検索:別ウィンドウ)

TECH I シリーズ

ロボットもキビキビ動く! ARMや並列プロセッサを例にして

並列 & 高速処理のためのマイコン・プログラミング

B5判 128ページ
定価3,024円(税込)
JANコード:JAN9784789849814
2013年4月15日発行
Interface編集部 / 編
好評発売中!

この商品を購入

 本書は並列処理と高速処理を行うための技術について解説します.
 現在のマイコンで並列処理を行うためにはマルチタスクOSを使用します.処理をタスクに分割し,OSがタスクをスケジューリングすることにより,適切な順番で実行します.本書では,まずマルチタスクの概念について解説します.
 また,一つのCPUで疑似的に並列処理を行う(並行処理)のではなく,複数のCPUを用意し,真の意味で並列処理を行うマルチコアCPUが登場しています.近年はマルチコア搭載マイコンが安価に提供され,入手できるようになっています.最近のマイコンにはマルチコアを支援するための命令が用意され,容易にマルチコア環境を構築できるようになっており,手軽に使えるようになりました.そのために必要なマルチコア・マルチプロセッサのハードウェアとアセンブリ言語について解説します.
 本書は「インターフェース」誌に掲載された記事を加筆再編集したものです.
目次


第1章 並列処理の基本となるマルチタスク・プログラミングの基礎
第2章 組み込みOSで使われるマルチタスク技術の歴史
第3章 マルチコア,マルチプロセッサのハードウェア
第4章 マルチプロセッサでプログラムを作成するためのアセンブリ命令
第5章 マルチコア環境におけるタスク動作の検証方法
第6章 100CPUを用いた大規模マルチプロセッシング・システムの構築
第7章 組み込みマルチコアにおけるSMPとAMPの比較
第8章 トランスピュータの流れを汲む並列プロセッサXMOSの概要
第9章 並列プロセッサXMOSの検証環境PAT
第10章 PUPPY倒立振子を並列プロセッサXMOSで実現する
第11章 XMOSによるフル・カラーLED Cube実験

書籍・雑誌総合案内

Copyright(C) 2019 CQ Publishing Co.,Ltd.All rights reserved

会社案内求人情報プライバシ・ポリシお問い合わせ