CQ出版WebShop,書籍案内へようこそ

CQ出版トップページへWebShop書籍・雑誌総合案内会員登録・変更ご利用案内

買い物カゴを見る

WebShop書籍・雑誌総合案内トランジスタ技術増刊>エレキジャックIoT No.8

書籍・雑誌総合案内
WebShop内検索(googleで本サイトを検索:別ウィンドウ)

トランジスタ技術増刊(トランジスタ技術 2022年9月号増刊)

マイコンでAI顔認証

エレキジャックIoT No.8

Sipeed M1 Dockで判断/BLEで結果送信

B5判 128ページ
定価2,200円(税込)
2022年9月1日発行
トランジスタ技術編集部 / 編
好評発売中!

この商品を購入

電子書籍の情報を見る(Tech Villageのサイトへ移動)
 AIアクセラレータと64ビット・マイコンRISC-V搭載Sipeed M1 Dockで,どこまで実用的にAI顔認証ができるかを検証します.
 Sipeed M1は,リアルタイムで画像認識が可能なAIエンジン搭載マイコンK210を内蔵しています.特集では,この実力を探ります.
 MicroPythonによるソフトウェア開発環境MaixPyを使い,顔認証用KModelと記事で作ったオリジナルのプログラムを使ってAI顔認証システムを作ります.
 顔認証の結果をマイコンでカウント,マイコンのGPIOを利用して外部機器を制御,カウント数をBluetoothで外部機器にワイヤレス送信して外部で表示するなど,応用プログラムも紹介します.
目次

マイコンでAI顔認証
特集 Sipeed M1 Dockで判断BLEで結果送信

AIエンジン+64ビット・マイコンRISC-V搭載
Sipeed M1 Dockでリアルタイム顔認識プログラミング

第1章 K210マイコンの特徴と開発環境の準備
第2章 AIカメラSipeed M1 Dock用Pythonプログラムで顔検出&I/O制御
第3章 AIカメラSipeed M1 Dock応用例:来場者カウンタ

小型ディスプレイ付きマイコンM5Stackで始める!
サンプルで試して学ぶプログラミング超入門

第1章 マイコンの特徴とプログラミングの準備
第2章 I/OをWi-Fiで制御
第3章 センサ値をWi-Fiで送信
第4章 GPSデータをクラウドに送信

低消費電力で安定動作!Arduino MKR WiFi 1010
これからマイコンを始める初心者向け!!
Arduinoプログラミング開発環境を整えよう!

グループでも通話可能!
マイコンで作る疑似トランシーバ2種!
─ インターネット版&ESP-Now通信版─

特別企画

カメラを使ったAI開発や実験/学習に!!
OpenCV AI KIT試用レポート

試用レポート

センサ情報をクラウドにCSV×UDP送信してみた!
さくらのセキュアモバイルコネクト

書籍・雑誌総合案内

Copyright(C) 2022 CQ Publishing Co.,Ltd.All rights reserved

会社案内求人情報プライバシ・ポリシお問い合わせ